RSS|archives|admin

スポンサーサイト
--.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |


「なりたい自分になる『おしゃれ』シンプルでベストな43の方法」を読んで
2012.07.13 Fri

おしゃれ本の読書記録が続きます.

実は,もうずいぶん前に借りたもので,借りた動機も忘れてしまいました.


この本は,先に記したフランソワ―ズ・モレシャン著「アプレカランタン いくつになっても失敗しないおしゃれ」のような本と,押田比呂美さんや大草直子さんといったスタイリストによるおしゃれ本の間のような位置づけでしょうか.

著者の横森美奈子さんの肩書は,ファッション・デザイナーとなっています.
モレシャンさんのように,少しおしゃれ哲学のようなものにふれつつも,ではそこから実際にどう進んでいけばよいのか,という手引きをしてくれています.また,おしゃれというものをなかなか理論的に述べています.

P27
「おしゃれな人」ということを理屈っぽく説明すれば,「<主観⇔客観>の見え方のバランス操作をしながら,自分のイメージを調整していく作業ができる人」です.

なるほど!です.


まず,この本はこう始まります.

おしゃれへの意志には本気が必要で,「おしゃれ」というものは日本ではまだ軽く考えられている.
「おしゃれ」と言えば,「うわべだけのこと」とか「浮ついている」とか「ぜいたく」などと表面的なことに捉えられる傾向があるけれど,自分と言う「中身」をどんな「うわべ」にするのかは,自分の選択であり,それによって見え方が違うのは,明らか.なので,「自分をどう見せるか,見せたいか」というのは,本気で真剣な作業であってしかるべき.(P17まとめ)

そして,おしゃれになるための(?)具体的なアドバイスが続きます.
しかし,洋服やアイテムの写真が出て来ず,イラストで表現されています.その辺りは,モレシャンさん寄り.

具体的なアイテムが写真で載っていると,それが好みでなかった場合にたちまちその本への魅力が減りますが,イラストだとそういうこともありません.


さて,いくつかおしゃれ関係の本に目を通してきましたが,共通して挙げられているのが,自分の体型のことでした.

欠点を隠すのではなく,自信のある個所はどこか,どうすればより良く見えるか,自分の体型をシルエットとしてしっかり研究することが大切.


それから,モレシャンさんと横森さんのどちらの本でも書かれていたこと.
ヘアスタイルまでも含めたシルエットを大切にすること.そして,頭はコンパクトであればあるほど良い.
また,自分と言うスタイルを作ること.


など,他にもいくつかありました.

さて,私としてはモレシャンさんの方が好みなのです.今回の本では,脱モノトーン主義が挙げられていましたが,モレシャンさんはオール黒のスタイルを素敵だと書いておられました.

色々な人の本を読んで,共感できるものを探すとよいでしょうね!


これまた中古のみ.



読んでいただき,ありがとうございました.
クリックいただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
関連記事


Category:読書記録 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |


<<今日のへんてこりんコーディネート | HOME | 「イタリア式おしゃれで輝いて生きる!」を読んで>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://kokobianco.blog.fc2.com/tb.php/277-ba0781fb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。