RSS|archives|admin

スポンサーサイト
--.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |


「イタリア式おしゃれで輝いて生きる!」を読んで
2012.07.12 Thu

小さい頃,

「みんな履いてるから!」と,どんなにねだっても買ってもらえなかった,ビニールのキャラクター付きの靴.

今,昔の写真を見れば,なんてかわいい靴を履かせてもらっているのだろう!

母がよかれと思って選んでくれた,本革のランドセル.
他に持っている子が少なく,高学年になるにつれ出てくる革の味が理解できず,自分のだけただぼろぼろになっていると思い,苦痛で仕方なかった.

今思えば,なんて贅沢な!

決して裕福な家庭ではなかったので,数は少ないものの,1つ1つはこだわった物を与えてくれていた母.

他にもこういう事例はいくつかあるけれど,今になって,母が敢えてそうしてきてくれたことのありがたさを身に染みて感じています.

ところで,
ビニールの靴が履きたい,とか,革のランドセルが嫌!
なのではなく,ただ単に「みんなと一緒がいい!!」だけだったことは今思い返しても分かります.

さて,今回の本ですが,イタリア大好きな私は,かなり贔屓目で読みました♪


イタリアの女の子は,小学生の頃からオリジナリティを大切にしているとのこと.ティーンにもなると,「個性がなければおしゃれじゃない」とキッパリ主張するらしい.

一方,日本ではマネて目立たないのが主流.ヨーロッパで良く言われているのが,「日本人は,どうして同じような服ばかり着ているのだろう.だれもが同一人物に見えてしまう」と・・・.

もちろん,ここは日本だし,日本人ならではの慣習や性格もあるし,簡単にイタリアのまねっこなんてできないけれど,「自分が良いと思ったら良い!」(TPOはわきまえて.)というぐらいの自信はつけたいなと思います.

少し前に,スカーフを一生懸命使おうとして奮闘してみましたが,ちょっと無理をしていたなと思います・笑

『スカーフorストールを上手に使いこなす』というフレーズに憧れて,また,巻物が上手く使えれば『おしゃれさん♪』といった風潮に乗らねばならぬ!と思いこんで・・・

でも,例えば,「私に巻物は似あわないから必要ないの!」ぐらい堂々と言えるようになってもいいのです.
その代わり,「こうこうこういう工夫をして,私らしさを出してるの!」と.

大阪人なので,正確には,
「あたしに巻物似あわへんからいらんねん!」
「でも,こんなん好きやから,ここは譲られへんねん!」
ですが・・・.

(これから先,私は巻物を使いません.という意味ではありません.例えばです.)


さて,もう1つ.
イタリアでは,ペタンコ靴を履いて外を歩いている女性は少ないそう.
ちょっとしたスーパーの買い物でも,必ずヒール.それが「習慣」らしい.
ウォーキングシューズは,スポーツレジャー用と断定し,それを履いての外出なんておしゃれじゃないそう!!

はぁ!見習いたい!!!


さてさて,全体的には,著者がイタリアで暮らして驚いたことや,日々のエピソードをおもしろおかしくまとめた本で,こんな洋服がいいとか,こんなコーディネイトを提案とか,そういう観点からのおしゃれ本ではありません.

イタリアに興味がなく,かつ,ファッションについての具体的な情報を得たい!という方にとったら,あまりおもしろい本ではないかもしれません.

でも,ブランド志向が強い日本人が見習うとよいイタリア人のおしゃれに対する思い・考え・ポリシーやライフスタイルを知ることが出来,よい刺激・勉強になるのではないかと思います.

イタリア人女性のなみなみならぬ,下着へのこだわりから始まる本です・笑
学生時代,イタリア旅行した時に下着をいくつか購入してきましたが,そう言えばどれも日本ではお目にかかれないような代物でした!!☆

ちなみに,この本も絶版なので,図書館か中古でどうぞ.


読んでいただきありがとうございました.
クリックをいただけるととっても嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
前回の記事,単なる独り言にも関わらず,多くのクリックをいただきびっくり&とても嬉しいです!!
ありがとうございました♪
関連記事


Category:読書記録 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |


<<「なりたい自分になる『おしゃれ』シンプルでベストな43の方法」を読んで | HOME | 何もする気が起きなくても・・・>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://kokobianco.blog.fc2.com/tb.php/276-4cc9abe0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。