RSS|archives|admin

スポンサーサイト
--.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |


狭いキッチンを広く使うためのシンク下収納
2011.06.07 Tue

キッチンの収納を順番にご紹介しています.
今日は,シンク下の収納です.

※既に記事にした場所
左上部の吊り棚はこちら→キッチンの収納~見えている部分~
コンロ下はこちら→見つけた!オーブンレンジの置き場所


シンク下の1・2と3は,中でつながっています.
R0012419-a1.jpg


1・2の扉を開けると,ごみ箱が2つ(プラと普通)と,左に酸素系漂白剤.
ごみ箱の後ろにはまだ空間が残っていますが,何も置いていません.
R0012430.JPG


1の扉の内側にはポールを取り付け,掃除用のエタノールと2倍希釈のお酢のスプレーをかけています.
R0012427.JPG


3の扉を開けると,野田琺瑯のラウンドストッカーとボウルがあります.
このボウルは,濡れた台拭きを翌朝まで浸けていたり,布巾を洗ったり煮洗いする時に使っています.
※琺瑯の中は,石鹼・空きスプレー・引越時に元に戻すガス栓などちょこっとしか入っておらず,こんな大容量のものは必要ないのですが,以前,布おむつの煮洗いに使っていたもので,現在は用途を持て余しています.


ボウルの後ろは作りつけの網棚がついており,ごみ箱の蓋・クエン酸・掃除用お酢をしまっています.
(漂白剤を網棚の上に置かないのは,使う頻度が高く,さっと取り出せる様にしておきたいため)
後,とっさのゴキ用スプレーを・・・.
網棚の下には,何もありません.
R0012435.JPG


ごみ箱をシンク下に入れ始めたきっかけは,子供のいたずら防止です.
しかしその結果,キッチンに床置きしているものがなくなりすっきりした上,掃除もしやすくなって良いこと尽くめです.

子供が大きくなっても,このスタイルは変わることはないと思います.
シンク下は,見せたくないものを隠せ,さらにキッチンスペースを広く使うために一役買ってくれる場所ではないでしょうか.


ちなみに,持っているのはこのタイプ↓



読んでいただきありがとうございます.
クリックをいただけましたら嬉しい限りです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 
関連記事


Category:キッチン | Comment(4) | Trackback(0) | top↑ |


<<キッチンの収納~引出し1~ | HOME | キッチンの収納~見えている部分~>>

No title

簡素に素敵に暮らしていますね!
私も早く帰宅して台所を片付けたい気持になりました。
コロコロ | URL | 2011.06.07(Tue) 20:05 | [EDIT] | top↑ |

No title

コロコロさん,ご訪問ありがとうございます♪

私のブログでそんな気持ちになって頂けるなんて,とっても嬉しいです.

私もまだまだで,日々試行錯誤しています.
一緒に頑張りましょう.

また,遊びに来てくださいね♪
koko | URL | 2011.06.07(Tue) 21:40 | [EDIT] | top↑ |

No title

はじめまして!
私もシンク下はゴミ箱なので、
お仲間発見してうれしいです♪

でも、賃貸時代にやってみようとは
思いつかなかったので、
素晴らしい~!と思いました。

子供のため、というのが素敵ですね☆
よゆみみ | URL | 2011.06.09(Thu) 20:45 | [EDIT] | top↑ |

No title

よゆみみさん,ご訪問ありがとうございます♪

よゆみみさんもシンク下はごみ箱なのですね!
シンクから捨てるまでの距離も近くて,使いやすいですよね.

子供のため・・・と言うより,散らかされた後片付けをしなくてすむように自分のためと言いますか・・・笑

賃貸時代は・・・ということは今は脱賃貸されているのですね!と・・・,早速ブログ拝見させてもらいまいた.
とっても素敵なお家ですね!
また,ゆっくりじっくり読みに行かせてもらいます♪

また,遊びに来てくださいね♪
koko | URL | 2011.06.10(Fri) 07:49 | [EDIT] | top↑ |

name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://kokobianco.blog.fc2.com/tb.php/23-eb07714b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。