RSS|archives|admin

スポンサーサイト
--.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |


ジオ浅型両手鍋28cmを選んだ理由とその活躍ぶり
2012.03.25 Sun

今回は,数あるジオの中でも何故,浅型両手鍋28cmを選んだかということと,その活躍ぶりについてです.

前々回の記事,キッチン家電の数と電気ケトルの悩みにも書きましたが,皆で囲む冬のお鍋は電気鍋ではなく,防災も兼ねて「カセットコンロ+普段使いのお鍋」というスタイルにしたかったと書きました.

つまり,浅いことが第一条件となります.浅いと言っても,何cm以下であれば違和感なくそのお鍋を囲むことが出来るのかを探らなければなりません.

それから,今までカレー・シチュー・おでん・パスタ茹でなどに使っていたル・クルーゼを処分するので,もちろんそれらにも対応することも必須条件となります.その際,第一条件の「浅い」と相反しないかが,ひかかってきます.

第一条件の「浅い」は,今まで浅いお鍋を使ったことのない私にとって,一体どれほどの仕事をしてくれるのか未知な世界でした.浅いお鍋で汁物を調理して違和感がないのでしょうか.

色々と不安な部分はありましたが,これらを前提として浮上したのが浅型両手鍋28cmでした.浅く,4人家族に十分なだけの容量のお鍋.

手持ちの電気鍋の深さを測って候補と比べ,また,紙で作った直径30cmほどの丸をお鍋に見立ててコンロに置いたり,一足先に買ったカセットコンロにセットして,大きさをイメージしました.

電気鍋の内寸深さは確か6〜7cmに対し,ジオは8.5cm.少し深いけれど皆で囲む深さとしては恐らくクリア.それから,浅いけれども8.5cmあることで,恐らくカレーなどもクリア.

書くと簡単ですが,現物を前に検討をしていないので,相当悩みました.ジオの現物は,1度だけ見ました.ですが,その時はどれを買うかの検討も全くしていない時だったので,浅型両手鍋28cmがどんなだったかなど全く記憶に残っていませんでした.

このような検討を経て,ようやく一大決心をして購入したわけですが,届いてからというもの本当に大活躍!

例えばピラフ,底面積が大きいのでお米が炒めやすいし,(今まではル・クルーゼ ココッット25cmで作っていました.)
R0015735.jpg

娘の誕生日には,お鍋を型にしてケーキも焼きました,(こんな特大滅多に焼きませんが.)
R0016034.jpg

パスタを茹でたらお湯を適当に切り,隣のフライパンで作ったソースを加えてお鍋で和えるのですが,底面積が大きいとその作業にストレスがありません.(パスタはなるべく全粒粉のものにしたいけど,高いので臨機応変に.)
R0016388.jpg

また,底面積が大きいメリットは,平行して作業ができるということ.玉ねぎを炒めながら,横でお肉を焼き,
R0015853.jpg

大量に野菜を放り込み,煮込んで,
R0015864.jpg

横のフライパンで作ったベシャメルソースを入れて,
R0015865.jpg

クリームシチューを作ったり,
R0015872.jpg

それはそれはもう大活躍です.
他には,肉じゃが・おでん,煮込みハンバーグ,また,コンロでの調理後にチーズを乗っけてオーブンでの焼き料理もしました.それからもちろん,お鍋もしました.囲むのにはなんの違和感もない深さでした.(ただ,子供が小さいのでガスコンロで調理してから卓上に出しましたが.)

次は,ル・クルーゼ使用時に感じていたストレスから解放された点,このお鍋のデメリットと感じる部分,これに合わせて買ったカセットコンロをご紹介したいと思います.





読んでいただきありがとうございました.
参考になったよ〜,とクリックをいただけるととっても嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
関連記事


Category:キッチン | Comment(4) | Trackback(0) | top↑ |


<<ジオ浅型両手鍋28cmの善し悪しとカセットコンロ | HOME | ル・クルーゼの処分と次のお鍋>>

ものすごく万能ですね!!!
ケーキまで焼けちゃうなんて!!!

深さもkokoさん研究のたまもの。
さすがです。
絶妙な深さですね。

我が家は養母からお鍋をいただいたのでそちらが壊れたら、自分の使い勝手の良いお鍋を探していたので、参考にさせていただきます!
morimori | URL | 2012.03.30(Fri) 11:28 | [EDIT] | top↑ |

morimoriさん,そうなんです,万能なんです!
ケーキの型にしてオーブに入れられるし,型にタネを流し込んだものをお鍋の中に置いて,コンロで焼く事も出来るようです.(つまり,お鍋をオーブンのように使える.)

morimoriさんは,義母さまからお鍋をいただたのを使っておられるのですね!最初から自分に合ったものを選ぶのって難しいなぁと思っているので,そう言った意味では,いただいたもので試し期間があるのもよいですね!

今回は,大きさなども含めてジオプロダクトにしましたが,他のお鍋を全てジオにしたいとまではまだ思っておらず,ビタクラフトのコロラドも気になっています.morimoriさんも,何か良い情報があれば教えてください〜♪
koko | URL | 2012.03.30(Fri) 18:01 | [EDIT] | top↑ |

ジオ 浅なべ 28cm

kokoさん、最高!!
28cm鍋を選んだ理由が事細かにかかれてて、読んでてとっても参考になるし、面白かったです。
kokoさんの人柄が伝わってきます。
わたしは、ストーブの鍋を買おうと色々と調べていました。
でも、重たい鍋は買っても使わなくなりそうな気がして、ジオの浅なべもいいな・・・と思い調べていたら、kokoさん所にたどり着いたのです。
ティファールの25cm浅なべでお鍋をしてきて、なんら不都合も無いので、ジオの浅なべ22cmを煮物担当鍋にしようかと思ったのですが、どう思いますか?
28cmの良さもお陰さまでよくわかったのですが、普段の煮物を鍋ごとドド~ンと食卓にもっていくのに22cmが程よいきがするのですが。
28cmでパスタゆでたり、チャーハン作るのもいいですね。
ホントは2つほしい。
かとちゃん | URL | 2013.08.26(Mon) 20:09 | [EDIT] | top↑ |

かとちゃんさん,はじめまして!

嬉しいコメントをありがとうございます!ジオでの検索で来て下さったのですね☆
面白いというのも最高の褒め言葉です^^!

ストーブのお鍋を検討されていたとのこと.とても素敵ですが,やはり重いのがネックですよね^^;

ジオですが,煮物に22cmだと丁度良さそうです!!我が家はお鍋の数が少なくて,28cmで煮物をしないと間に合わなさそうですが,さすがに大きすぎてそのまま食卓には持っていけませんね・笑 ピラフだと,そのまま食卓へ乗せます〜.

もう購入を決められたでしょうか?お返事が遅くなってしまってごめんなさい><
koko | URL | 2013.08.29(Thu) 08:17 | [EDIT] | top↑ |

name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://kokobianco.blog.fc2.com/tb.php/203-36fc53d1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。